メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

お天気なるほドリ

気象予報の提供は誰でもできるの?=回答・池田知広

人命にも関わるので気象庁の許可が必要

 なるほドリ 気象予報の提供って誰がしてもいいの?

 記者 人命にも関わるのでダメ。気象業務法に基づいた気象庁の許可(きょか)が必要です。気温や雨量、風力など、根拠(こんきょ)もなく無秩序(むちつじょ)に発表されると社会が混乱(こんらん)します。

 Q 許可をもらうため何が必要なの?

 A 予報に必要な観測(かんそく)データをきちんと集められるかどうか、気象予報士の国家試験(しけん)に合格した人が予報にあたる態勢(たいせい)が整っているかどうかなどが審査(しんさ)されます。4月時点で許可を受けているのは日本IBMや民間気象会社、テレビ局など71件あります。

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文553文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  4. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです