連載

お天気なるほドリ

毎日新聞デジタルの「お天気なるほドリ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

お天気なるほドリ

気象予報の提供は誰でもできるの?=回答・池田知広

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

人命にも関わるので気象庁の許可が必要

 なるほドリ 気象予報の提供って誰がしてもいいの?

 記者 人命にも関わるのでダメ。気象業務法に基づいた気象庁の許可(きょか)が必要です。気温や雨量、風力など、根拠(こんきょ)もなく無秩序(むちつじょ)に発表されると社会が混乱(こんらん)します。

 Q 許可をもらうため何が必要なの?

 A 予報に必要な観測(かんそく)データをきちんと集められるかどうか、気象予報士の国家試験(しけん)に合格した人が予報にあたる態勢(たいせい)が整っているかどうかなどが審査(しんさ)されます。4月時点で許可を受けているのは日本IBMや民間気象会社、テレビ局など71件あります。

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文553文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集