メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

お天気なるほドリ

気象予報の提供は誰でもできるの?=回答・池田知広

人命にも関わるので気象庁の許可が必要

 なるほドリ 気象予報の提供って誰がしてもいいの?

 記者 人命にも関わるのでダメ。気象業務法に基づいた気象庁の許可(きょか)が必要です。気温や雨量、風力など、根拠(こんきょ)もなく無秩序(むちつじょ)に発表されると社会が混乱(こんらん)します。

 Q 許可をもらうため何が必要なの?

 A 予報に必要な観測(かんそく)データをきちんと集められるかどうか、気象予報士の国家試験(しけん)…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文553文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです