メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

国有地売却問題 「森友経緯 細か過ぎる」 理財局職員「書き換え指示」供述

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却を巡る問題で、決裁文書の改ざんを主導したとされる財務省理財局の職員らが、大阪地検特捜部に「元々の文書が取引の経緯を細かく書き過ぎていると感じ、書き換えを指示した」という趣旨の供述をしていることが捜査関係者への取材で分かった。文書を作成した近畿財務局の職員から「書き換えは違法ではないか」と反発もあったとされ、本省に押し切られる形で改ざんが進んだとみられる。

 決裁文書には、学園が計画する小学校の名誉校長だった安倍晋三首相の妻昭恵氏や複数の政治家の名前の他、…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです