東日本大震災

福島第1原発事故 2号機に堆積物 溶融燃料、複数から落下か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
福島第1原発2号機の原子炉格納容器底部を詳細解析した画像。周囲よりも高く降り積もった堆積物が2カ所で見つかった=国際廃炉研究開発機構提供
福島第1原発2号機の原子炉格納容器底部を詳細解析した画像。周囲よりも高く降り積もった堆積物が2カ所で見つかった=国際廃炉研究開発機構提供

 東京電力は26日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器の内部について、詳細解析した画像や動画を公開した。底部2カ所で周囲より高く降り積もった溶融燃料(燃料デブリ)とみられる堆積(たいせき)物が確認され、格納容器の上部にある原子炉圧力容器の底が複数箇所で損傷し、燃料が溶け落ちた可能性があるとしている。

 東電は1月、格納容器内にカメラ付きのパ…

この記事は有料記事です。

残り97文字(全文267文字)

あわせて読みたい

注目の特集