メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

平成あと1年/3 「国民とともに」模索

 今年3月、ブラジルの首都ブラジリア。水を巡る問題を話し合う国際会議「世界水フォーラム」に出席された皇太子さまは、現地で記者に囲まれ、「水問題を解決することが平和につながるという、最近の世界の動きを肌で感じました」と熱っぽく語った。

 皇太子さまは2月の58歳の誕生日に合わせた記者会見で次代の象徴天皇の在り方を尋ねられ、「社会の新しい要請に応えていくことは大切なこと」と述べた。これまでに「時代に即した新しい公務」として示されたテーマには、災害や貧困、環境に関わってくる水の問題▽子供と高齢者を巡る問題▽外国との友好親善▽国内の産業や技術の進展--がある。このうちライフワークとも言えるのが水問題の解決に向けた取り組みで、米ニューヨークの国連本部でスピーチをした経験も持つ。

 公務の継承にも熱心な取り組みを続けてきた。皇太子さまは、昭和天皇が逝去した1989年1月から皇位継…

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1177文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 政府、20年度に「宇宙作戦隊」を新設 概算要求に計上

  4. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  5. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです