メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シャープ

4年ぶり黒字 最終益702億円 鴻海販売網を活用

シャープの連結業績の推移

 シャープが26日発表した2018年3月期連結決算は、最終(当期)損益が702億円の黒字(前期は248億円の赤字)となり、4年ぶりに最終黒字となった。コスト削減を進めながら、親会社の鴻海(ホンハイ)精密工業(台湾)の販売網を使って中国などで液晶パネルやテレビの売り上げを増やした。

 売上高は前期比18・4%増の2兆4272億円、本業のもうけを示す営業利益は44・3%増の901億円だった。業績改善を受け、6年ぶりに配当(1株当たり10円)を実施することも発表した。

 液晶事業の不振などで経営難に陥っていたシャープは16年、鴻海の傘下に。その販売網を活用して、18年3月期には中国をはじめとした海外の液晶テレビの売り上げを前期の2倍以上に増やした。今後は東南アジア諸国連合地域などで事業拡大を図っていく。

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1165文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  2. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  3. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  4. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです