メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎大

約束破り雇い止め 複数職員「無期転換」させず 大学側反論「業務見直しが理由」

 通算5年を超えて有期契約を更新して働く非正規労働者を無期契約に転換する改正労働契約法の「無期転換ルール」を巡り、長崎大(長崎市)が「法の趣旨にのっとり原則無期転換する」との方針を示しながら、実際には複数の有期職員が、無期転換の申し込み権を得る直前の3月末で雇い止めになっていたことが、労働組合や大学への取材で分かった。【樋口岳大】

 長崎大は昨年12月、「無期転換ルールに適切に対応するため」として、従来5年だった有期契約期間上限を…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文957文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです