岡山

スマホ、高校生の98%が所有 小学生は32%

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 岡山県教委は、昨年に実施した小中高生のスマートフォン(従来の携帯電話を含む)などの利用実態調査の結果を発表した。スマホの所持率は小学生が32.1%、中学生が58.4%、高校生が98.1%といずれも前回調査(2016年)より増えた。県教委は結果を踏まえ、学校での指導や対策、家庭への助言につなげたいとしている。【高橋祐貴】

 調査は昨年12月、県内の公立校に通う小学4年~高校3年を抽出し、7697人を対象に実施した。14年から毎年実施しており、今回で4回目となる。

この記事は有料記事です。

残り1060文字(全文1292文字)

あわせて読みたい

注目の特集