メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岡山

スマホ、高校生の98%が所有 小学生は32%

 岡山県教委は、昨年に実施した小中高生のスマートフォン(従来の携帯電話を含む)などの利用実態調査の結果を発表した。スマホの所持率は小学生が32.1%、中学生が58.4%、高校生が98.1%といずれも前回調査(2016年)より増えた。県教委は結果を踏まえ、学校での指導や対策、家庭への助言につなげたいとしている。【高橋祐貴】

 調査は昨年12月、県内の公立校に通う小学4年~高校3年を抽出し、7697人を対象に実施した。14年から毎年実施しており、今回で4回目となる。

この記事は有料記事です。

残り1060文字(全文1292文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  3. コロナで変わる世界 <移民編 インタビュー③>広瀬弘忠さん 感染を外国人のせいにする行政「ヘイト」は問題

  4. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  5. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです