メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎

隠れキリシタン 平戸に案内所オープン

春日集落案内所の前に立つ寺田会長=長崎県平戸市春日町の春日集落案内所で2018年4月26日午後0時2分、和田恭代撮影

 世界文化遺産登録を目指す「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産の一つ、「平戸の聖地と集落」の春日集落(長崎県平戸市)に今月、案内所がオープンした。禁教期から伝わるご神体などが展示され、集落の歴史について地域住民が説明する。

 春日集落は、海岸から山あいに向かう約150メートルの間に約400枚の棚田が広がる「春日の棚田」で知られる。16世紀の布教当時そのままの景観が残る潜伏キリシタンの里として、国選定の重要文化的景観…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  3. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  4. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  5. 「しつけ…」小学校高学年の息子をバットで殴打の疑い 34歳逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです