メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎

隠れキリシタン 平戸に案内所オープン

春日集落案内所の前に立つ寺田会長=長崎県平戸市春日町の春日集落案内所で2018年4月26日午後0時2分、和田恭代撮影

 世界文化遺産登録を目指す「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産の一つ、「平戸の聖地と集落」の春日集落(長崎県平戸市)に今月、案内所がオープンした。禁教期から伝わるご神体などが展示され、集落の歴史について地域住民が説明する。

 春日集落は、海岸から山あいに向かう約150メートルの間に約400枚の棚田が広がる「春日の棚田」で知られる。16世紀の布教当時そのままの景観が残る潜伏キリシタンの里として、国選定の重要文化的景観…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. 宮古島市長選 新人・座喜味氏が現職破り初当選 「オール沖縄」勢力が擁立

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです