メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内閣府

公益認定委 レスリング栄氏のパワハラ「認定」

栄和人氏=木葉健二撮影

協会に改善求める

 日本レスリング協会の栄和人前強化本部長(57)が教え子で五輪4連覇した伊調馨選手(33)=ALSOK=らにパワーハラスメントを繰り返したとして告発された問題で、内閣府の公益認定等委員会(山下徹委員長)は27日、パワハラ行為を認定したことを明らかにした。協会が第三者の弁護士の調査を通じて認めた4件について「追認」した。委員会は運営が不適切だった疑いが強いとして、協会に5月31日までに改善策などの報告を求めた。

 委員会は聞き取り調査を通じ、栄氏が拠点を至学館大から東京に移した伊調選手に対して「よく俺の前でレス…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文558文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです