任天堂

売上高7年ぶり1兆円超え スイッチ、業績けん引

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
任天堂の連結業績の推移
任天堂の連結業績の推移

 任天堂が26日発表した2018年3月期連結決算で、売上高は、前期比2.1倍の1兆556億円と7年ぶりに1兆円の大台を超えた。本業のもうけを示す営業利益は約6倍の1775億円。当初の販売目標が1000万台だったスイッチの世界販売台数が、目標を大幅に上回る1505万台となったことが業績をけん引した。

 今月にはスイッチ向けの工作キット「ニンテンドーラボ」を発売するなど新たな顧客層を獲得し、19年3月期のスイッチの販売目標は200…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

あわせて読みたい

注目の特集