メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クウェート

フィリピン大使に退去命令 両国外交対立続く

 【バンコク西脇真一】富裕な産油国クウェートで2月に発覚したフィリピン人女性メイドの殺害事件をきっかけに、両国の外交対立が続いている。以前からクウェートではフィリピン人労働者の虐待や性的被害が起きているため、今月、現地のフィリピン大使館が被害者の「救出作戦」を展開。これにクウェート政府が「主権侵害だ」と激怒し、25日に比大使に1週間以内の国外退去を命じる事態にも発展した。

 比メディアなどによると、大使館は今月、少なくとも26人を救出。比外務省は19日に女性労働者らを車で連れ出す「作戦」の動画も公開した。クウェート当局と事前協議などはしなかったうえ、マニラから派遣された比政府高官も関与していたという。

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 金正恩委員長「委任統治論」の矛盾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです