メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クウェート

フィリピン大使に退去命令 両国外交対立続く

2月発覚のフィリピン人女性メイドの殺害事件きっかけに

 【バンコク西脇真一】富裕な産油国クウェートで2月に発覚したフィリピン人女性メイドの殺害事件をきっかけに、両国の外交対立が続いている。以前からクウェートではフィリピン人労働者の虐待や性的被害が起きているため、今月、現地のフィリピン大使館が被害者の「救出作戦」を展開。これにクウェート政府が「主権侵害だ」と激怒し、25日に比大使に1週間以内の国外退去を命じる事態にも発展した。

 比メディアなどによると、大使館は今月、少なくとも26人を救出。比外務省は19日に女性労働者らを車で…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  5. トランプ氏再選なら安倍首相も4選を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです