メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア支援会合

20年までに8500億円拠出表明

シリア支援を話し合う国際会合で記者会見する人権問題担当のローコック国連事務次長(左)ら=ブリュッセルで2018年4月25日、ロイター

国連の必要額に及ばず にじむ国際社会の「支援疲れ」

 【ブリュッセル八田浩輔】内戦が続くシリアの住民や難民への支援について話し合う閣僚級の国際会合がブリュッセルで25日まで2日間の日程で行われ、参加した80以上の国と国際機関は2020年までに総額78億ドル(約8500億円)を拠出することを表明した。しかし人道支援のために国連が必要とする額には及ばず、内戦長期化による国際社会の「支援疲れ」もにじむ。

 シリアでは8年目に入った内戦の影響で560万人が国外に逃れ、国内でも医療や食料など緊急支援を必要と…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  2. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  5. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです