メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米司法当局

華為を捜査 イランへの禁輸措置違反容疑で

 【北京・赤間清広】米司法当局が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)をイランに対する禁輸措置違反の疑いで捜査していると、複数の米メディアが報じた。米政府は16日に同様の疑いで中国通信大手、中興通訊(ZTE)に対し、米企業との取引を7年間禁じる制裁を科したばかり。相次ぐ個別企業への「攻撃」に中国側は強く反発している。

 25日の米メディアの報道によると、捜査は少なくとも昨年から続けられ、ファーウェイは禁輸措置に違反し…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文560文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです