メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米独首脳会談

主要議題はEUへの関税制裁やイラン核合意

27日、ワシントンで

 【ベルリン中西啓介】ドイツのメルケル首相は27日、ワシントンを訪問し、トランプ米大統領と会談する。米国による欧州連合(EU)に対する関税制裁措置の恒久的除外や、トランプ氏が離脱を示唆するイラン核合意の維持が主要議題。ただ独政府高官は26日、「(対EU)制裁関税が5月1日に発動されるだろう」と悲観的な見通しを表明。メルケル氏が米側から大きな譲歩を引き出すのは難しそうだ。

 独政府によると、首脳会談では通商政策や国際秩序に影響する外交課題について議論。トランプ政権は米通商…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです