メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア支援会合

難民出身者の編成バンドがコンサート

コンサートを目前に控え、バンドメンバーとリハーサルをするバセル・カリルさん(奥右)=ブリュッセルで2018年4月24日午後6時17分、八田浩輔撮影

関連イベントで「シリアンズ・ゴット・タレント」

 【ブリュッセル八田浩輔】ブリュッセルで開かれたシリア支援の国際会合の関連イベントで、シリア難民・出身者で編成するバンド「シリアンズ・ゴット・タレント」がコンサートを開いた。「今世紀最大の人道危機」から逃れて欧州に移り住んだ音楽家たちは、祖国に残る同胞に思いをはせる。

 ギタリストのバセル・カリルさん(55)は、シリアの首都ダマスカスで25年近く音楽講師を務めた。「(…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです