メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

円谷プロ

「ウルトラマン」海外利用権巡り勝訴 米地裁

ウルトラマン=円谷プロダクション提供

 円谷プロダクション(東京都渋谷区)は26日、「ウルトラマン」シリーズの日本国外での利用を許諾したとされる契約書の真偽を巡り東京都内の企画会社と争っていた訴訟で、米カリフォルニア州の連邦地裁が「契約書は真正なものではない」との判決を下したと発表した。判決は現地時間18日付。今回の勝訴を受け、円谷プロは今後、ウルトラマンの海外展開を積極的に進める方針だ。

 円谷プロによると、判決は、1976年に当時社長だった故・円谷皐(のぼる)氏とタイ人男性の間で交わしたとされる海外利用の許諾契約書について、円谷氏が署名した文書ではなく、効力はないなどと認定した。

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  2. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. 社説 「桜」前夜祭の費用補塡 安倍氏の責任は免れない

  5. 雇用調整助成金 特例措置2月末まで延長 政府方針 感染拡大受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです