メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山谷カフェ

お代は「清掃」 「社会とつながりを」 軽食・コーヒー提供 東京・台東

清掃活動終了後、軽食を取る義平真心さん(中央)や参加者たち=東京都台東区のさんやカフェで、後藤豪撮影

 日雇い労働者の町として知られた東京・山谷(さんや)の一角に、実験的なカフェがオープンした。経済的に困っている人などにカフェ周辺のゴミ拾いを手伝ってもらう対価として、軽食やコーヒーを提供する試みで、社会との関わりを持ってもらうことを目的にしている。【後藤豪】

 店名は「さんやカフェ」で、吉野通り沿いの簡易宿泊所「ホテル寿陽」(東京都台東区)の1階に3月30日にオープンした。一般社団法人「結YUI」(東京都荒川区)が運営する。

 軽食を提供する清掃活動プロジェクトが始まったのは、今月23日。この日夕、カフェに生活保護を受給する人など5人が集まった。約30分かけて、カフェ周辺の道路でたばこの吸い殻や空き缶などを集めて回った。店に戻ると、イタリア風サンドイッチ「パニーニ」が提供された。

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文1021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

  5. 毎日新聞に「嵐」の二宮さん iPhone広告で全国紙5紙に1人ずつ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです