メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル文学賞

見送りも セクハラ発端、スキャンダル

 【ロンドン共同】英紙ガーディアン電子版は27日、セクハラや情報漏えいスキャンダルの渦中にあるノーベル文学賞の選考主体スウェーデン・アカデミーが、今年の文学賞授与を見送るべきか否かを検討していると報じた。

 アカデミー内には通常通り選考すべきだとの意見もあり、今月26日の会合では結論が出ず、来月も引き続き協議することになった。もし見送りになれば、翌年に持ち越され来年10月に2人の受賞者が発表される可能性があ…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  2. 横浜市 指定ごみ袋導入へ 分別簡略化と温暖化対策 /神奈川

  3. オンライン「人狼ゲーム」に数万回投稿 偽計業務妨害容疑で高校生書類送検

  4. 米グーグルに逮捕歴の削除命じる 札幌地裁、不起訴の男性が求める

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです