特集

ぐるっと東日本

「母校をたずねる」「旅する・みつける」「くつろぎの宿」「アートを歩く」などの連載を展開しています。

特集一覧

ぐるっと首都圏・くつろぎの宿

積善館/上 千尋の世界へようこそ /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ◆積善館 群馬県吾妻郡中之条町四万甲4236

レトロな湯宿建築

 JR中之条駅を過ぎバスが山道に差し掛かると、アニメ映画「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつも何度でも」のノスタルジックなメロディーラインが聞こえてくる。山道から主人公の千尋がひょっこり現れそう。

 温泉街のバスターミナルから数分ほど歩くと、朱塗りの慶雲橋が川に架かる。その先に、映画の舞台「油屋」のモデルの一つとされる「本館」が見えた。

 四万温泉は「上州の奥座敷」として、古くからの湯治場として知られる。地元の名主、関善兵衛が湯治場として開館し、客を迎えたのは江戸時代の元禄4(1691)年からだ。

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文865文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集