障害者作品展

力強い書、繊細な詩 あわらの旅館で /福井

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
グランディア芳泉で始まったくらふとくらぶの「薫風展」=福井県あわら市舟津で、佐々木雅彦撮影
グランディア芳泉で始まったくらふとくらぶの「薫風展」=福井県あわら市舟津で、佐々木雅彦撮影

 県内の知的・発達障害者らでつくる「くらふとくらぶ」の作品展「薫風展~緑の風に包まれて~」が27日、あわら市舟津の旅館「グランディア芳泉」で始まった。毛筆による前衛書や詩、絵画など7点がラウンジを中心に掲げられ、力強さや繊細さが伝わってくる作品ばかりだ。

 くらふとくらぶは障害者の技術習得を目指して2…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文370文字)

あわせて読みたい

注目の特集