国民民主党

結成 井出衆院議員は無所属 加入3人 /長野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 希望の党と民進党が、新党「国民民主党」の結成を26日に決定したことを受け、希望の党の井出庸生衆院議員(長野3区)は新党に加わらず、無所属で活動することが27日、分かった。県内選出の国会議員で国民民主党に加わるのは、民進党県連代表の羽田雄一郎参院議員▽民進党籍で、衆院会派「無所属の会」の篠原孝衆院議員▽希望の党の下条みつ衆院議員の3人となる。

 井出氏は「民進党や旧民主党出身者の多い希望の党が民進党と再合流して力の結集を図ることは理解しているし、尊重したい」とした。その上で新党不参加の理由について、「昨年の総選挙でさまざまな葛藤の中、大きな決断をした思いがあり、当時の決断を無かったこととし、元に戻ることは納得しがたかった」とコメントした。

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文513文字)

あわせて読みたい

注目の特集