写真展

素朴なミャンマー見て 現地の暮らしや自然撮影 堀さん、ゆかりの伊豆の寺で /静岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 沼津市出身の写真家、堀むあんさん(54)がミャンマー各地で撮影した写真約50点を展示した写真展「ミャンマー巡礼」が29日から伊豆市八木沢のミャンマーゆかりの寺院、妙蔵寺(佐治静正(じょうしょう)住職)で開かれる。現地の人々の暮らしや素朴な自然風景などを撮影した。5月10日まで。

 妙蔵寺の先々代住職、故佐治堯英(ぎょうえい)さんは太平洋戦争中にビルマ(現ミャンマー)からインド攻略を目指したインパール作戦に参加。九死に一生を得て生還した。帰国後は、境内に世界平和を願いパゴダ(ビルマ仏塔)を建立…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文621文字)

あわせて読みたい

注目の特集