メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春の褒章

県内から13人1団体 /三重

 春の褒章(29日付発令)の受章者が発表され、県内からは公共の事務に尽力した藍綬褒章に10人、農業や商業、工業などの業務に精励した黄綬褒章に3人、ボランティア活動で実績を上げた緑綬褒章に1団体が選ばれた。受章者に喜びの声を聞いた。

 ◆黄綬褒章

「若者に技術伝承」 四日市市 左官業・松木憲司さん(54)

 室内の湿度や温度を調節し、空気を浄化する作用のある土壁は、日本の気候風土に適し人々の暮らしを長年にわたって支えている。

 左官職人として土壁や漆喰(しっくい)など壁塗りの伝統工法に熟練し、時代に合わせたアレンジを加えなが…

この記事は有料記事です。

残り1014文字(全文1274文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  3. 眞子さま ブラジルへ出発 日本人移住110年で
  4. 児童虐待防止 「もう耐えられない」タレントら要望書提出
  5. セブン-イレブン 100円生ビールをテスト販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]