メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春の褒章

県内から13人1団体 /三重

 春の褒章(29日付発令)の受章者が発表され、県内からは公共の事務に尽力した藍綬褒章に10人、農業や商業、工業などの業務に精励した黄綬褒章に3人、ボランティア活動で実績を上げた緑綬褒章に1団体が選ばれた。受章者に喜びの声を聞いた。

 ◆黄綬褒章

 室内の湿度や温度を調節し、空気を浄化する作用のある土壁は、日本の気候風土に適し人々の暮らしを長年にわたって支えている。

 左官職人として土壁や漆喰(しっくい)など壁塗りの伝統工法に熟練し、時代に合わせたアレンジを加えながら、この道一筋、歩んできた。受章の知らせに「すごく光栄で身が引き締まる思い。若い世代に、この技術を伝えていきたい」と喜びをかみ締める。

この記事は有料記事です。

残り976文字(全文1274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  5. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです