メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもは社会の鏡

新学期のいじめ、注意を

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 学ぶ・育つ・挑む>

声なき変化に気付いて

 新学期が始まって、子どもたちも新しい環境に慣れたころでしょうか。実は、新しい学校、新しいクラスで、5月の連休ごろにいじめのターゲットが決まっているということがよくあります。

 誰もが、いじめの被害者、そして加害者になり得ます。子どもたちは、自分がいじめられやしないか、とても神経を張って生活しています。新しい生活が始まると、孤立することを避けようとして、まるで、椅子取りゲームのように、右往左往しながら自分が座れる椅子、すなわち居場所を探します。

 いじめる子どもは、自分より強い子や人気のある子をターゲットにしません。反撃される恐れがあるからです…

この記事は有料記事です。

残り1123文字(全文1430文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  3. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  4. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に
  5. WEB CARTOP 歴代ファンも納得の中身! 新型スズキ ジムニーの先行情報が公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]