メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもは社会の鏡

新学期のいじめ、注意を

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 学ぶ・育つ・挑む>

声なき変化に気付いて

 新学期が始まって、子どもたちも新しい環境に慣れたころでしょうか。実は、新しい学校、新しいクラスで、5月の連休ごろにいじめのターゲットが決まっているということがよくあります。

 誰もが、いじめの被害者、そして加害者になり得ます。子どもたちは、自分がいじめられやしないか、とても神経を張って生活しています。新しい生活が始まると、孤立することを避けようとして、まるで、椅子取りゲームのように、右往左往しながら自分が座れる椅子、すなわち居場所を探します。

 いじめる子どもは、自分より強い子や人気のある子をターゲットにしません。反撃される恐れがあるからです。障害のある子、外国籍の子、転校してきた子……みんなとは異なる個性をもっている相手をターゲットにします。みんなと違うことがまるで悪いことのようにするのです。そして、いじめ仲間を誘いだします。過去にいじめられていた、といううわさを聞きつけただけで、ターゲットにすることもあります。いじめても反撃してこな…

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです