メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもは社会の鏡

新学期のいじめ、注意を

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 学ぶ・育つ・挑む>

声なき変化に気付いて

 新学期が始まって、子どもたちも新しい環境に慣れたころでしょうか。実は、新しい学校、新しいクラスで、5月の連休ごろにいじめのターゲットが決まっているということがよくあります。

 誰もが、いじめの被害者、そして加害者になり得ます。子どもたちは、自分がいじめられやしないか、とても神経を張って生活しています。新しい生活が始まると、孤立することを避けようとして、まるで、椅子取りゲームのように、右往左往しながら自分が座れる椅子、すなわち居場所を探します。

 いじめる子どもは、自分より強い子や人気のある子をターゲットにしません。反撃される恐れがあるからです…

この記事は有料記事です。

残り1123文字(全文1430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんぴらさん名物「石段かご」26日に終了 担ぎ手高齢化「苦渋の決断」

  2. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  3. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  4. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです