メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもは社会の鏡

新学期のいじめ、注意を

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 学ぶ・育つ・挑む>

声なき変化に気付いて

 新学期が始まって、子どもたちも新しい環境に慣れたころでしょうか。実は、新しい学校、新しいクラスで、5月の連休ごろにいじめのターゲットが決まっているということがよくあります。

 誰もが、いじめの被害者、そして加害者になり得ます。子どもたちは、自分がいじめられやしないか、とても神経を張って生活しています。新しい生活が始まると、孤立することを避けようとして、まるで、椅子取りゲームのように、右往左往しながら自分が座れる椅子、すなわち居場所を探します。

 いじめる子どもは、自分より強い子や人気のある子をターゲットにしません。反撃される恐れがあるからです…

この記事は有料記事です。

残り1123文字(全文1430文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです