俳句ポスト

50周年 「俳都」松山の象徴、100カ所超に /愛媛

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
松山城・長者ケ平の俳句ポスト第1号(右)。子規の句「松山や 秋より高き 天守閣」が刻まれた句碑風で金属製=松山市丸之内で、木島諒子撮影
松山城・長者ケ平の俳句ポスト第1号(右)。子規の句「松山や 秋より高き 天守閣」が刻まれた句碑風で金属製=松山市丸之内で、木島諒子撮影

 正岡子規や高浜虚子ら多くの俳人を輩出したことから「俳都(はいと)」と呼ばれる松山市--。そんな俳句文化に親しんでもらおうと市内外に設置されている「俳句ポスト」が、松山城に第1号が設置されてから今年5月で50周年を迎える。今年度から名称も「松山市観光俳句ポスト」から「俳都松山俳句ポスト」に変わり、俳都・松山の象徴として、新たな一歩を踏み出した。【木島諒子】

 俳句ポストは、専用の用紙が備え付けられ、思い思いに詠んだ句と名前、住所などを書き込み、誰でも投函(とうかん)できる。1966年に正岡子規や夏目漱石らの生誕100年を祝った事業で観光俳句を募ったところ好評だったため、ポスト設置につながった。第1号は68年5月22日、松山城の長者ケ平(ちょうじゃがなる)の広場に設置された。

この記事は有料記事です。

残り880文字(全文1220文字)

あわせて読みたい

注目の特集