南北首脳会談

板門店宣言 「半島の非核化、目標」 年内終戦目指す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
共同発表で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と韓国の文在寅大統領=板門店で2018年4月27日、韓国共同写真記者団
共同発表で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と韓国の文在寅大統領=板門店で2018年4月27日、韓国共同写真記者団

 【ソウル米村耕一】韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は27日、軍事境界線のある板門店の韓国側施設「平和の家」で会談し、「完全な非核化により、核のない朝鮮半島の実現という共通の目標を確認した」とする「板門店宣言」に署名した。宣言では1953年から休戦状態にある朝鮮戦争の「終戦」を今年中に目指すことや、両国に米国や中国を交えた多国間の枠組みで、平和体制の構築を協議する方針も示した。

 南北首脳会談は10年半ぶりで、2011年12月に北朝鮮が金正恩体制に移行してからは初。金委員長は軍事境界線を越えて韓国に足を踏み入れた初めての北朝鮮の最高指導者となった。

この記事は有料記事です。

残り1022文字(全文1324文字)

あわせて読みたい

注目の特集