メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カジノ法案

国会に提出 首相「依存症対策講じる」

 政府は27日、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案を閣議決定し、国会に提出した。当面は全国3カ所を上限にIRを整備し、日本人と国内居住の外国人が入場する際に6000円を徴収することなどが柱。政府・与党は今国会での成立を目指すが、ギャンブル依存症の増加を懸念する野党の反発もあり、道筋は不透明だ。

 政府は閣議に先立ち「特定複合観光施設区域整備推進本部」を開催。本部長の安倍晋三首相が「世界中から観光客を集める滞在型観光が実現される。世界最高水準のカジノ規制で、依存症などの懸念に万全の対策を講じる」と語った。

この記事は有料記事です。

残り153文字(全文410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDIも携帯割安プラン導入 20ギガ4000円弱で調整 月内に公表

  2. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです