メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南北首脳会談

米朝会談が正念場 米国、「本気度」探る

北朝鮮を極秘訪問し、金正恩朝鮮労働党委員長(右)と握手を交わすポンペオ米中央情報局(CIA)長官(当時)=米ホワイトハウス提供

 【ワシントン高本耕太】トランプ米政権内では、北朝鮮の非核化に向けた実質的な成果達成のためには、6月初旬までに予定される米朝首脳会談が「本番」になるとの見方が大勢を占めている。今回の南北首脳会談で金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長がどの程度、非核化への「具体的な意思」を示したかを確認し、米朝首脳会談の準備を進める。

 トランプ大統領は27日朝、自らのツイッターに「ミサイル発射と核実験が繰り返された激動の1年間の後で…

この記事は有料記事です。

残り885文字(全文1096文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
  3. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  4. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  5. ORICON NEWS 小雪の姉・弥生、妊娠報告「夏の終わりには家族が増える予定」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです