メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民民主党

不参加相次ぐ こんな時に合流、何のため? 岡田氏は民進を離党へ

 5月7日に結成される新党「国民民主党」に関し、希望の党や民進党で不参加を表明する議員が27日も相次いだ。安住淳元財務相ら9人が不参加を表明し、このうち鉢呂吉雄元経済産業相と牧山弘恵参院議員は立憲民主党入党を表明した。

 安住氏は記者会見で民進執行部を批判。「国会がこんな時に新党協議にうつつを抜かすリーダーはセンスがない。財務省を追及しろという国民の声に背を向け、自己都合で新党を作ることにエネルギーを費やし、恥ずかしい」と強調した。

 岡田克也前副総理も27日に民進離党を正式表明。岡田氏は1998年の民主党結党に参加し、2016年の民主、維新両党の合流による民進党の初代代表を務めた。会見で岡田氏は「完全無所属になり、立憲民主党と国民民主党の距離を縮め、大きな固まりを作るのが私の役割だ」と語った。「自民党を(93年に)離れて以来初めて離党する。20年間の結果がこれかと、無念でならない」と悔しさをにじませた。

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 特集ワイド れいわ・山本氏、強気姿勢から現実路線に? インディーズ魂のままで 結党1年余、リーダーの顔に

  4. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです