メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の半島情勢

南北首脳会談 関心は経済協力 北朝鮮、共同宣言に成果

笑顔で首脳会談に臨む北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(右側中央)、韓国の文在寅大統領(左側中央)ら=韓国・板門店で2018年4月27日、韓国共同写真記者団

 【ソウル米村耕一】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は27日に行われた韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領との首脳会談で、過去2回の首脳会談で決まった経済協力などに関する合意の履行にこだわり、また国内インフラ整備にも強い意欲を見せた。金委員長は20日の党中央委員会総会で「経済建設に総力を集中する新たな戦略的路線」を宣言しており、今回の会談も制裁解除や韓国からの経済協力といった実利を段階的に獲得することが最大の狙いだった可能性がある。

 「文大統領が(北朝鮮に)来られたら、正直、交通の不備が心配だ。平昌五輪に行った(北朝鮮の)人たちは…

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1062文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです