エネルギー基本計画

骨子案 再生エネ加速、従来方針維持

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 経済産業省は27日、国のエネルギー政策の方向性を定める「エネルギー基本計画」の骨子案を有識者会議に示した。2030年に向け太陽光や風力など再生可能エネルギーの導入を加速して「主力電源化」する一方、原子力は「重要なベースロード電源」と位置づけつつ依存度を低減していく従来の方針を維持。新増設や建て替え…

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文312文字)

あわせて読みたい

注目の特集