スバル

組織的改ざん 調査報告 社長「企業風土、反省」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
調査報告の会見冒頭に頭を下げる吉永泰之・SUBARU社長(中央)=東京都渋谷区で2018年4月27日、根岸基弘撮影
調査報告の会見冒頭に頭を下げる吉永泰之・SUBARU社長(中央)=東京都渋谷区で2018年4月27日、根岸基弘撮影

 SUBARU(スバル)は27日、新車の出荷前に行う燃費や排ガスの検査データ改ざん問題に関する調査報告書を国土交通省に提出した。検査員を統括する班長の指示でデータが書き換えられており、報告書は「組織的な行為」と認定した。改ざんは確認できただけで全9車種、903台にのぼった。国交省は報告書の内容を精査し、業務改善指示を出すかどうか検討する。【竹地広憲、和田憲二、川口雅浩】

 スバルでは昨秋、新車の無資格検査問題も発覚しており、相次ぐ不正は、同社のコンプライアンス(法令順守)意識の欠如ぶりを浮き彫りにした。

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1325文字)

あわせて読みたい

注目の特集