メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本記者クラブ賞特別賞

指先に光、点字毎日 視覚障害、当事者が扉開く

点字毎日部のスタッフたち=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で、菅知美撮影

 ジャーナリズムの向上と発展につながる特筆すべき業績や活動を顕彰する今年度の日本記者クラブ賞特別賞に、毎日新聞社が発行する日本唯一の点字新聞「点字毎日」が選ばれた。「視覚障害者の光となる新聞であり続けたい」。1922(大正11)年の創刊以来、歴代の編集部はそう念じ、情報から取り残された目の見えない人たちに、ジャーナリズムの原点である、情報を届ける活動を積み重ねてきた。ラジオ放送もなかった時代から始まった96年の歩みを振り返るとともに、全盲の新聞記者ら現在の編集部スタッフの思いと活動を紹介する。【「点字毎日」編集長・遠藤哲也】

この記事は有料記事です。

残り3944文字(全文4209文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです