メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都、新たに130人以上感染 累計1000人超え 新型コロナ
新潟県教委職員死亡

難病女性過労死、防止対策を検討 厚労相表明

 先天性の難病を抱える新潟県教育委員会の女性職員(当時42歳)が長時間労働の末に死亡した問題で、加藤勝信厚生労働相は27日、「障害者の特性に応じた対策をする」と述べ、夏ごろに改定して閣議決定を目指す「過労死防止対策大綱」に再発防止策を盛り込む方針を表明した。「今回(の被害者)は地方公務員だが、官民を問わずそうしたことがなくなるようにする」とも述べ…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  2. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  3. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

  4. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  5. 「要請」なのに罰則? ドイツから帰国した研究者が日本の「水際対策」に感じた違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです