メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「RDA横浜」の野口陽さん(左)の指導で、馬上でボールを使い体を伸ばす吉村渉さん=横浜市神奈川区で

 「ホースセラピー」は乗馬や馬とのふれあいによって障害や病気を改善させるリハビリだ。心身の機能回復という効用の一方、インストラクターや馬の不足などの課題がある。ホースセラピーは欧米のように成熟するだろうか。

 ●障害者向け訓練

 3月末、横浜市神奈川区にある馬術練習場では、満開の桜が舞う中、子どもたちが乗馬を楽しんでいた。NPO「RDA横浜」が週4回開いている障害者向け乗馬のレッスンだ。RDAは「障害者乗馬協会」の略で、英国に本部があるチャリティー団体だ。

 「止まれ!」。馬上の吉村渉さん(14)が命じると馬はその場で立ち止まる。「おー、声出るようになったじゃん」。レッスンを主導する獣医師の野口陽さん(46)が吉村さんをほめる。乗馬だけではない。リハビリメニューにはボールや輪投げを使った全身ストレッチもある。「疲れたけど楽しかった」。吉村さんが馬の首筋をぽんぽんたたいて笑う。

この記事は有料記事です。

残り2144文字(全文2534文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです