メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル文学賞

見送り検討 選考主体スキャンダルで

英紙ガーディアン電子版が報道

 英紙ガーディアン電子版は27日、セクハラや情報漏えいスキャンダルの渦中にあるノーベル文学賞の選考主体スウェーデン・アカデミーが、今年の文学賞授与を見送るべきか否かを検討していると報じた。

 アカデミー内には通常通り選考すべきだとの意見もあり、今月26日の会合では結論が出ず、来月も引き続き協議することになった。もし見送りになれば、翌年に持ち越され来年10月に2人の受賞者が発表される可能性…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです