メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米独首脳会談

イラン核合意、EU関税 意見一致みられず

トランプ米大統領(左)とドイツのメルケル首相=ホワイトハウスで2018年4月27日、AP

 【ワシントン三木幸治】トランプ米大統領とドイツのメルケル首相は27日、ホワイトハウスで会談した。メルケル氏は、トランプ氏が離脱を強く示唆するイラン核合意の維持や欧州連合(EU)に対する関税制裁措置の恒久的除外を求めたが、意見の一致はみられなかった。

 メルケル氏は会談後の記者会見で、核開発につながるウラン濃縮活動を認めている現行の核合意を「不十分だ」…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

  4. 「失念していた」新幹線駅トイレに拳銃置き忘れの女性巡査長 兵庫県警

  5. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです