ツチノコ

捕獲賞金129万円に 岐阜で今年もフェスタ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
未確認生物「つちのこ」の模型=岐阜県東白川村の「つちのこ館」で
未確認生物「つちのこ」の模型=岐阜県東白川村の「つちのこ館」で

 頭と腹の部分が膨らみ、ひょうたんのような形でヘビに似た謎の未確認生物「ツチノコ」を捜索する「第30回つちのこフェスタ2018」が5月3日、岐阜県東白川村神土の中川原水辺公園一帯で開催される。ツチノコは日本各地で目撃証言があり、東白川村は20件近い目撃例がある「多発地帯」。捕獲者には賞金129万円が贈られる。【立松勝】

 村の観光協会や商工会などでつくる実行委員会が村制100周年記念事業として1989年から開催し、今年で30回目。人口約2300人の小さな山村に、昨年は全国から人口を上回る約2900人が参加し、村最大のイベントに成長した。第1回の捕獲賞金は100万円からスタート。捕獲者がいないと翌年は1万円上積みされ、今年の賞金は129万円になった。

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文1058文字)

あわせて読みたい

注目の特集