メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

労組調査

不必要に体タッチ 介護職員3割がセクハラ被害

介護職員が受けたセクハラ

「繰り返しの性的な冗談」のケースも多く

 介護現場で働くスタッフの約3割が利用者かその家族からセクシュアルハラスメントの被害を受けた経験があるとのアンケート結果を、介護職員で作る労働組合「日本介護クラフトユニオン」が27日発表した。不必要に体を触られたり、性的な冗談を繰り返されたりするケースが多く、ユニオンは安全な介護現場を確保するよう行政などに求めている。

 アンケートは、今月から始め、全国の介護施設や訪問介護事業所で働く組合員約7万8000人が対象。20…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文734文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. ORICON NEWS 翁の能面のような優しい顔…ゴールデンレトリバーの“おじいわん”に反響「老犬の魅力伝えていきたい」

  4. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです