メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・山谷

社会との絆、交流を 「さんやカフェ」店開き

「さんやカフェ」周辺の清掃活動プロジェクトに参加する人たち=東京都台東区で2018年4月23日、後藤豪撮影

カフェ周辺のゴミ拾いの対価に、軽食やコーヒー提供

 日雇い労働者の町として知られた東京・山谷の一角に、実験的なカフェがオープンした。経済的に困っている人などにカフェ周辺のゴミ拾いを手伝ってもらう対価として、軽食やコーヒーを提供する試みで、社会との関わりを持ってもらうことを目的にしている。

 店名は「さんやカフェ」で、吉野通り沿いの簡易宿泊所「ホテル寿陽」(東京都台東区)の1階に3月30日にオープンした。一般社団法人「結YUI」(東京都荒川区)が運営する。

 軽食を提供する清掃活動プロジェクトが始まったのは、今月23日。この日夕、カフェに生活保護を受給する…

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文1039文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 衆院予算委員長「閣僚から不穏当な発言」と注意 茂木経済再生担当相やじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです