メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民民主党

こんな時に合流、何のため? 不参加続々

会談で新党の結党合意の書類に署名し、握手する民進党の大塚耕平代表(右)と希望の党の玉木雄一郎代表=国会内で2018年4月26日午後7時7分、川田雅浩撮影

 5月7日に結成される新党「国民民主党」に関し、希望の党や民進党で不参加を表明する議員が27日も相次いだ。安住淳元財務相ら9人が不参加を表明し、このうち鉢呂吉雄元経済産業相と牧山弘恵参院議員は立憲民主党入党を表明した。

 民進党が存続する合流となるため、不参加の民進議員は離党が必要になる。安住氏は記者会見で民進執行部を批判。「国会がこんな時に新党協議にうつつを抜かすリーダーはセンスがない。財務省を追及しろという国民の声に背を向け、自己都合で新党を作ることにエネルギーを費やし、恥ずかしい」と強調した。

 岡田克也元副総理も27日に民進離党を正式表明。岡田氏は1998年の民主党結党に参加し、2016年の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  3. 「消費税を上げられるのか」国民の玉木代表 首相は増税方針、重ねて示す
  4. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです