メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

働き方法案審議入り

日程ぎりぎり 与党避けたい「延長」

衆院本会議で働き方改革関連法案について答弁する安倍晋三首相(手前)。後方は加藤勝信厚生労働相=国会内で2018年4月27日午後1時42分、川田雅浩撮影

 安倍政権が今国会の最重要法案と位置付ける働き方改革関連法案が27日の衆院本会議で審議入りした。ただ立憲民主党など野党6党は、森友学園問題などを理由に麻生太郎副総理兼財務相の辞任を求めて国会審議を拒否しており欠席した。20日から続く野党の審議拒否は大型連休明けまで続く見通しだ。政権は6月20日の会期末までの成立を目指すが、自民党内には「もう一つ不祥事が起きたら間に合わなくなる」との声も漏れ始めた。

 本会議で安倍晋三首相は「戦後の労働基準法制定以来70年ぶりの大改革。誰もが活躍できる1億総活躍社会…

この記事は有料記事です。

残り1322文字(全文1572文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 自民総裁選 「ポスト安倍」、会期延長で身動き取れず
  4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  5. 受動喫煙対策 それでも先生か がん患者に「いいかげんにしろ」 自民議員、規制巡り 衆院厚労委、参考人陳述

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]