Jパワー

石炭火力の増強計画中止

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 Jパワー(電源開発)は27日、兵庫県高砂市にある石炭火力発電所の設備を更新して、50万キロワットから120万キロワットに増強するリプレース計画の中止を発表した。「電力需要の減少が見込まれ、供給力増強という意義が損なわれた」ためという。

 計画では、稼働中の高砂火力発電所1、2号機(出力各25万キロワット)を廃止、新たに60万キロワット2基をそれぞれ2021年、…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文454文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集