南北首脳会談

夕食会「延長」は平壌冷麺の製麺機が故障?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
夕食会で振る舞われた平壌の老舗冷麺店「玉流館」の冷麺=27日、韓国共同写真記者団
夕食会で振る舞われた平壌の老舗冷麺店「玉流館」の冷麺=27日、韓国共同写真記者団

 南北首脳会談後の夕食会では、南北融和の象徴としてテーブルに並んだ平壌冷麺が話題となった。事前にメニューが発表された韓国ではソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で話題に上り、昼食時には平壌冷麺店に行列ができるほどの「特需」効果も。10年半ぶりの首脳会談で「南北の橋渡し」に一役買った格好だ。

 板門店(パンムンジョム)の韓国側施設「平和の家」で開かれた夕食会には両国首脳や夫人、随行員らが出席。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が幼少期を過ごした釜山のタイが食材として使われるなど、南北融和の狙いがメニューに込められた。

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文511文字)

あわせて読みたい

注目の特集