メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共通テスト

東大、民間試験使用へ 方針転換

東大合格発表で賑やかな安田講堂前の広場=2017年3月10日、中村琢磨撮影

 東京大学は27日、2020年度から始まる大学入学共通テストの英語で導入される民間資格・検定試験を、合否判定に使うことを明らかにした。福田裕穂副学長は3月の記者会見で「高校の授業が民間試験対策になる恐れがある」などとして合否判定に使わない方針を表明しており、事実上の方針転換となる。

 東大はホームページに「入学者選抜に関する考え方について」とする福田副学長の声明文を公表。声明文では「英語力の4技能(読む、書く、聞く、…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文524文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. ことば AYA世代

  4. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです