春季東海地区高校野球県大会

津田学園22年ぶりV いなべ総合降し2回目 /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第65回春季東海地区高校野球県大会は28日、四日市市営霞ケ浦球場で決勝と3位決定戦があった。決勝は津田学園がいなべ総合を7-6で降し、22年ぶり2回目の優勝を果たした。両校は5月18~20日に愛知県で開催される東海大会に県代表として出場する。3位決定戦は、菰野が延長十回、10-9で津商にサヨナラ勝ちした。【谷口豪、山本萌】

この記事は有料記事です。

残り920文字(全文1083文字)

あわせて読みたい