メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京スポ自由席

春のアメフット、メインゲーム 「京同釜」懸け激突 あす今出川ボウル 左京 /京都

 アメリカンフットボール春シーズンの京都でのメインゲーム、京都大-同志社大の「今出川ボウル」が30日午後1時から京都市左京区の京大農学部グラウンドである。

 2013年に全面人工芝化されたのを契機に同グラウンドで、今出川通沿いにキャンパスがある両校の定期戦が実施されるようになった。同年にオーロラビジョン、15年に約500人収容のスタンドが設置されるなど、観戦環境も着々と整備された。今では両校の新入生をはじめ、古くからのアメフットファンらが数多く集まる春の風物詩的イベントになっている。

 同志社大が関西学生リーグで2部落ちしたため、今年度は1部の京大と秋のリーグ戦での対戦がない。同じメンバーで対戦する唯一の試合となる可能性が高いだけに、同志社大の奮起が期待される。

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文752文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 石破茂氏、「苦い顔」がますます苦く “ポスト安倍”の最有力者、どう見ているの?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです