メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠賀川メーデー

「安心し働ける社会を」 連合系、1000人参加 /福岡

 第89回遠賀川メーデーが28日、直方市の遠賀川河川敷であった。連合福岡・遠賀川地域協議会などで組織する実行委員会が主催して約1000人が参加した。

     柴田典利実行委員長は、今春闘の賃上げが高い水準だった一方で組合の組織率が低下している現状に触れて「一人でも多く仲間を増やすことが、安心して働き続けることができる社会の実現につながる」と訴えた。来賓あいさつでは連合福岡の笠井利弘副会長が「(働き方改革法案の高度プロフェッショナル制度は)働かせる側に立った法案」と述べるなど、安倍政権への批判が続いた。

     最後に「すべての仲間の連帯で『ディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)』の実現に向けて、全力を挙げて取り組む」とするメーデー宣言を採択し「団結ガンバロー」で締めくくった。

     県労連系のメーデーは5月1日。直方市では午後1時から須崎町公園で開催される。【武内靖広】

    〔筑豊版〕

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
    2. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
    3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
    4. アメリカンフットボール 悪質タックル 日大内部、沈黙破る 「失望」「内田派一掃を」
    5. 米朝首脳会談中止 トランプ氏から金正恩氏への書簡全文

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]