メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊、不服門前払い 道、国の再審査阻む 65年

 北海道の優生保護審査会が1965年、優生保護法(48~96年)に基づく強制不妊手術を決定した女性の保護者から「決定の取り消し」を文書で申し立てられた際、「(保護者は)同法への理解が乏しい」と門前払いにしていたことが判明した。同法は、遺伝性精神疾患などを理由にした手術決定に不服がある場合、都道府県の審査会を通じ、国の中央優生保護審査会への再審査申請を保障していた。しかし、再審査の申請がされないまま手術の実施手続きが取られていた。

 政府は法施行中、中央審査会がほとんど開かれていなかったことを国会で明らかにしており、北海道のケース…

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1212文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
  5. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです